【ビール通への道㉔】世界各国のビール文化をご紹介!~韓国編~

クラフトビールを飲む事がより楽しくなる様々な情報をお届けしている当サイト。「ビール通への道」では、ビールに関する様々なトピックスを皆さんにお届けしています。

前回に引き続き、知っているようで知られていない世界各国のビール文化についてご紹介していきたいと思います。第8回は「韓国編」!キムチにサムギョプサル、チーズダッカルビやハットグなど、日本では韓国グルメが大人気ですが、韓国のビール文化についてご存知ない方も多いのではないでしょうか?今回は、そんな知られざる韓国のビール文化をご紹介します!

韓国のビール市場は2社がほぼ独占!

前回は、ビールの生産、消費の両方で世界第1位の座を獲得しているビール大国、中国のビール文化をご紹介しました。

詳しくはコチラ

【ビール通への道㉓】世界各国のビール文化をご紹介!~中国編~
ビールに関する様々なトピックスをご紹介している当サイト。「ビール通への道」では、ビールに関する古今東西様々な情報を皆さんにお届けしています。 前回に引き続き、知っているようで知られていない世界各国のビール文化についてご紹介していきたい...

それでは、早速韓国のビール文化をご紹介したいと思います!

韓国のビール市場は、第1位の「ハイトビール社」と第2位の「OBビール社」がほぼ独占しています。
第1位の「ハイトビール社」からご紹介します。

韓国シェア第1位!「ハイトビール社」

「ハイトビール社」は生ビールの「Hite」やドライビールの「Hite d」、韓国産ビールとしては唯一の黒ビール「Stout」等のビールを販売しています。元々韓国では「OBビール社」が第1位に君臨していましたが、「ハイトビール社」が「Hite」を発売した事をきっかけに第1位の座を奪取したそうです!

現在では惜しくも第2位に転落「OBビール社」

「ハイトビール社」に第1位の座を奪われたものの、第2位の座を譲らずに保ち続けている「OBビール社」。主力商品の生ビールである「Cass Fresh」を中心に、ドライビールの「Cass Light」、カロリー控えめで女性に人気が高い「Cafri」等のビールを販売しています。

基本的に、韓国の一般的な飲食では、両社の代表ビールである「Hite」と「Cass Fresh」の2種類が置かれているそうですよ。

韓国流ビールの楽しみ方を知りたい!

日本で韓国のお酒の中で有名なものと言えば、「眞露」を始めとする「韓国焼酎」ですが、何と韓国では焼酎とビールをミックスして飲む事が定番になっているそう!

焼酎とビールをミックスして飲む!?

「ソジュ」(韓国語で焼酎の意味)と「メクチュ」(韓国語でビールの意味)を合わせて「ソメ」と呼ばれる飲み方で、早く、気持ち良く飲めるため人気を集めているそうです。

ビールと一緒にチキンを楽しむ!

韓国で最も定番の飲み方の一つに「チメ」と言うものがあります。「チキン」と「メクチェ」を合せた造語で、チキンと一緒にビールを飲むという意味です。日本で「一杯やって行く?」という感覚で「チメ ハロ カルレ?」(チメしに行こうか?)と誘って飲みに行くそうですよ!ちなみに、韓国ではフライドチキンが人気で、街中には沢山のフライドチキン店があるそうです。

日本で「とりあえず一杯」というと、大抵ビールを意味していますが、それと同じ位韓国でもビールは定番のお酒として愛されているようです。フライドチキンとビールの組み合わせも美味しそうですし、韓国に訪れたら「チメ」を楽しんでみるのもいいですね!

次回は日本と縁が深い国、台湾のビール文化をご紹介します!

タイトルとURLをコピーしました