BREWING JAPAN

COLUMN

コラム

Medium handmade

2016.02.10

ビアパブ開業編 ~⑥内装業者、デザイナーの選定

事業計画を作成したら、次に行うのは内装業者とデザイナーの選定を行います。

それではデザイナーと内装業者はそれぞれどのような仕事をしてくれるのかを見ていきます。

デザイナーは一般的には、店舗の内装デザイン、内装装飾アドバイス、ロゴ作成、ショップカード作成などを行います。

もちろんデザイナーの中には経験値がなく、ロゴだけしか作れなかったり、ウェブデザインしかできないなど店舗デザインをしたことがない人などいますので、デザイナーを選ぶ際は


経験値を確認しましょう。



また店舗デザインの経験値があっても、飲食店舗専門のデザイナーもいれば、アパレル店舗専門のデザイナーなど得意不得意や、経験の幅があります。


もし飲食店舗のデザインを行ったことがないデザイナーならば絶対にやめておきましょう。


飲食店舗とアパレルでは、店舗内の導線の取り方や棚の必要性など重視するポイントが異なります。


アパレルなどのおしゃれ重視のデザイナーだと、デザイン的にかっこいいものを創ろうとして、棚などの物を置く場所を省いたり、使い勝手を考えずレイアウトしたりして、実際に使い勝手が悪いお店が出来上がる場合があります。


またこだわりすぎて小物一つとっても、高い物をそろえようとするなど、結果的に予算を大きく超える場合があります。

なのでまずは飲食店舗のデザイン設計を行ったことがあるかの確認をしましょう。

次に、

予算を最初に伝えておきましょう。

デザイナーの費用は全体の総工費の10%~20%が相場です。

またそのデザイナーが内装業者を紹介してくれたりします。


今度は内装業者についてですが、電気、ガス、給水・排水、キッチン設備、吸気・排気、店内装飾、トイレ、エアコンなどなど様々な専門業者をまとめているパターンもあれば、自社内でそれぞれの専門部隊をそろえているところもあります。

また内装業者がデザインを提案できる所もあるので、まずはいろいろな業者とコンタクトをとって見積もりをもらいましょう。


これらのことから内装業者、デザイナーに関してはどちらかを見つければ、次のステップに進めます。

そして必ず何社かの業者に見積もりをもらう必要があります。

その中で一番柔軟に対応してもらえそうな業者や予算内で仕上げてくれる業者を探しましょう。


ではどうやってデザイナー・内装業者をみつけるのか。

方法としては以下の4つがあります。


①ネットで検索する。

②テンポス(厨房機器類の中古販売の会社)に紹介してもらう。

③自分の好きな内装・デザインのお店に行って、紹介してもらう。

④自分でデザインして、自分で内装を行う( Do It Yourself )


一番イメージが涌くのは③の自分のお気に入りの内装のお店に行き、そのお店のオーナーに直接聞くのがいいのではないでしょうか。

快く紹介してもらえる場合もあります。

この紹介してもらえる場合のメリットは仕上がりの店舗イメージに食い違いがありません。

予算に関しては、実際に紹介してもらい見積もりをもらうしかないでしょう。



④は一番予算も少なくて済み、お店に愛着が涌きます。


デメリットは改装に時間がかかることとクオリティーは高くはないということ。


しかし個人的にはこのやり方が一番好きです。独特のオリジナリティは出ます。


しかしスケルトンからDIYは非常に難しいので、居ぬき物件のみ可能。


居ぬきで店舗を開業するにあたって、トータルコストを安く抑えるなら物件取得時に次のポイントをチェックしましょう。

  • トイレ
  • 厨房区画の防水層
  • エアコン
  • 排気ダクト

上記4点の造作をそのまま活かせば200万~300万の節約が可能です。

  • 電気
  • ガスコンロ

上記2点はレイアウトを変えない前提であれば、さらに50万~80万ぐらいの節約ができます。


とにもかくにも、まずは業者に見積もりを取ることをお勧めします。


業者との打ち合わせに同席させてもらえれば、50万~100万ほどの節約できる交渉はできるので、ご要望があればコンタクトください。

関連記事

Medium shutterstock 243234757

2016.05.30

ビアパブ開業編~⑩ついにオープン!そこには気を付けるべき落とし穴が!

物件取得から、資金調達、人材集めなど、様々な課題を何とかクリアしてついにオープンを迎えたオーナーの貴方は、ほっと一息ついて安堵の気分になっているかもしれません。しかし、そんな余裕はありませんよ。ついに念願の自分のお店を持って夢がかなったと思っているなら ...

続きを読む

Medium shutterstock 78414787

2016.04.05

ビアパブ開業編~⑨あなたのお店は何タップ?~

ビアパブ開業プロジェクトもいよいよ終盤に差し掛かってきました.どこまでこの情報が役に立つかはわかりませんが、私が知る限りの情報を一生懸命お伝えします。今回の章ではタップ数を何タップ持つのがいいのか。正直にいって、もうここはオーナーのこだわりでやっていい ...

続きを読む

Medium shutterstock 270707918

2016.03.12

ビアパブ開業編~⑧ここが成否の分かれ道!人材採用!

ビアパブ開業は一人 OR 誰か仲間と開業しますか?一人で開業するなら、特に人材に関しては考えなくてもいいでしょう。しかしお店が10坪以上になってくると、どうしてもアルバイトスタッフなどが必要になってきます。今回のテーマは人材集めですが、正直言って今はど ...

続きを読む

Medium

2016.02.13

ビアパブ開業編 ~⑦工事の進捗確認チェック

業者の選定をして予算で折り合いがついたら、いよいよ工事着工です。工事予算はあくまでも概算なので、工事進捗途中で思いもしない工事が発生し、予算を超えてしまうことがあります。ですので、工事業者の現地調査にはしっかり時間を確保してチェックしてもらいましょう。 ...

続きを読む

Medium handmade

2016.02.10

ビアパブ開業編 ~⑥内装業者、デザイナーの選定

事業計画を作成したら、次に行うのは内装業者とデザイナーの選定を行います。それではデザイナーと内装業者はそれぞれどのような仕事をしてくれるのかを見ていきます。デザイナーは一般的には、店舗の内装デザイン、内装装飾アドバイス、ロゴ作成、ショップカード作成など ...

続きを読む

Medium

2016.01.26

ビアパブ開業編 ~⑤事業計画を作成する

物件を取得しコンセプトが固まってきたら、次に資金集めが必要になってきます。そこで事業計画書を詰めていきましょう。最初にぼやっとした事業計画をつくったと思いますが、今回の事業計画ではさらにブラッシュアップした事業計画書を作成する必要があります。この事業計 ...

続きを読む

Medium

2016.01.26

ビアパブ開業編 ~④コンセプトを考える

物件の取得が出きれば、次にコンセプトと事業計画が必要になります。まずはコンセプトをもう少し固めていきましょう。コンセプトは店舗の集客力に大きく影響を与えます。ですのでしっかりコンセプトワークをしましょう。最初に行うのは店舗周辺の飲食店をしっかりリサーチ ...

続きを読む